用語


Automotive SPICE

Automotive SPICEは、ISO 15504/33k準拠のアセスメントモデルの一つで、SPICEユーザグループのうちのAutomotive SPICE SIGで開発されました。ISO15504第5部のアセスメントモデルをベースにして車載ソフトウェア開発用にテーラリングされていますが、他の分野でも十分に使える内容になっています。SPICEの項ならびに解説「「ISO/IEC 15504」 4. アセスメントモデルが対象としているプロセスも参照ください。

ARC Appraisal Requirements for CMMI® - CMMI®アセスメント要件

ARCは、モデルを使用したアセスメント手法にとって、必要不可欠と思われる要件を定義しており、1つ以上のCMMIアセスメント参照モデルで使用されるアセスメント手法の開発、定義、および使用するためのガイドライン一式を制定しています。ARCは、特定のアセスメント手法の合目的性を判断するための指針を伴なった、複数の種類のアセスメント手法に対する要件を提供します。合目的性の検討事項には、アセスメント結果の正確性や反復可能性等があります。

BEx2 Business Excellence Exchange - ビジネスエクセレンスエクスチェンジ

ビジネスエクセレンスエクスチェンジは英国の会員制のグループであり、優れたビジネスのためのベストプラクティスの共有を目的とした支援を行なっています。1997年に設立した当初は、ビジネスエクセレンスベンチマーキンググループ(BEBG)という名称でした。コンピータは会員の皆様の利益となるよう、ビジネスとは独立してグループ活動を促進しています。グループは、「エクセレンス志向」の非競合組織で構成されています。

CAF CMM® Appraisal Framework - CMM評定の枠組み

CAFは、CMMモデルを使用したアセスメント手法にとって、必要不可欠と思われる要件を定義しています。CMMにとってのCAFは、CMMIにとってのARCです。

CBA IPI CMM® -Based Appraisal for Internal Process Improvement

CBA IPIは、SW-CMM v1.1を参照モデルとして使用する、SEIのアセスメント手法です。SW-CMMに基づくアセスメント間で、比較することを目的にして一貫性を確立するために策定されました。

CMM® Capability Maturity Model® - 能力成熟度モデル

CMM®は段階的な組織成熟度モデルです。ソフトウェア生産活動の改善や制御を求める組織にとっての優れたプラクティスのモデルとして、SEIにより考案されました。CMM®には、ソフトウェアのCMM®、システムのCMM®、人材のCMM®等、様々なものがあります(SW-CMM®の項も参照ください)。

CMMI® Capability Maturity Model® IntegrationSM- 能力成熟度モデル統合

CMMI®は、CMM®の後継モデルとして開発され、ソフトウェアエンジニアリング、システムエンジニアリング等のベストプラクティスを一つの体系にまとめています。この体系は、組織の成熟度やプロセスエリアの能力の診断、改善の優先順位の決定、そして改善を実施するガイドとして使用されます。CMMI® には段階表現と連続表現があります。 こちらもご参照ください。

ISO15504

SPICEの項を参照ください。

ITIL IT Infrastructure Library - ITインフラストラクチャライブラリ

ITILは、英国商務局(Office of Government Commerce、OGC)が発行したもので、サービスデリバリ、サービスサポート、ICTインフラストラクチャ管理、アプリケーション管理、セキュリティ管理等の分野におけるプロセス定義と管理アプローチが集約されています。ITサービス管理に対するアプローチとして世界で幅広く受入れられています。

PI Process Improvement- プロセス改善

プロセスとは、インプットをアウトプットに変換する、関係するあるいは相互に作用する一式の活動である(ISO9000)と定義されます。 と同時に、活動を管理する単位でもあるのです。 組織の製品開発、生産活動は、インプット、アウトプットで連鎖したプロセスの集合として捉えることができます。 組織の事業目標をプロセス目標に展開し、プロセス目標を達成する努力を積み上げることにより、組織のビジネス目標を達成します。
こちらもご参照ください。

 

PPA Process Professional Assessment-プロセス・プロフェッショナル・アセスメント

PPAはコンピータが開発したアセスメント手法です。CMMI®-DEV、CMMI®-SVC、ISO15504/33k、Automotive SPICE®、ITIL、 EFQMエクセレンスモデルなどを参照モデルとして、SEIのARCやISO15504/33kの要件に準拠した公式アセスメント、ギャップアセスメント、インリメンタルアセスメント等を行うことができるマルチモデルのアセスメント手法です。 PPAの概要は、「アセスメント概説」を、SEIのSCAMPISMとの技術的な違いは、FAQをご参照ください。

PPIM Process Professional Improvement Method- プロセスプロフェッショナル改善手法

PPIMはコンピータが開発した手法で、プロセス改善プログラムの確立と管理を目的とした手法です。

お客様ご自身で使用できるよう、ハンドブック一式が用意されています。この手法はソフトウェアツールによってサポートされており、実践的なトレーニングコースもございます。トレーニングコースを受講いただくと、手法についての理解が深まるだけでなく、プロセス改善を成功に導くのに必要なスキルを身につけることができます。

 

PPP Process Professional Portfolio®- プロセスプロフェッショナルポートフォリオ

PPPは、コンピータが開発したソフトウェアプロセス改善を促進するためのツールや手法の総称です。プロセスプロフェッショナルアセスメント(PPA)手法とそのトレーニング、プロセスプロフェッショナルコンポーザ、プロセスプロフェッショナル定義、プロセスプロフェッショナルマネージャ、プロセスプロフェッショナルエクセレンスマネージャ、プロセスプロフェッショナル改善マネージャ、プロセスプロフェッショナル供給者マネージャ、その他の支援ソフトウェアツール、トレーニングワークショップからなります。

プロセスプロフェッショナルポートフォリオは登録商標です。

SCAMPI Standard CMMI® Assessment Method for Process Improvement

SCAMPISMはSEIが開発したアセスメント手法で、PPAと同様にCMMI®の評定に使用されます。

SEI Software Engineering Institute- ソフトウェアエンジニアリング研究所

SEIは、米国(ピッツバーグ)のカーネギー・メロン大学を本拠地とする、ソフトウェアエンジニアリング分野の先導的な研究機関です。CMM®>を開発し、世界各国でのその実施状況を観察、評価しています。

 

SPICESoftware Process Improvement Capability dEtermination(ISO15504)

SPICEは、ソフトウェアプロセスアセスメントのための標準を開発するために発足した主要な国際的活動です。現在では国際標準ISO15504/33kに採用されています。SPICEが提供するプロセスアセスメントの共通の基盤により、様々な手法を使用しても改善の必要な箇所が特定できるように、一つの共通の形でアセスメント結果を得ることができます。コンピータは英国きっての専門家集団としてSPICEプロジェクトに携わってきました。ISO15504/33kが制定された現在は、SPICEユーザグループが発足しています。SPICEはISO15504/33kに準拠するアセスメントモデルの名称としても使われるようになりました。詳細は、解説「ISO/IEC 15504」を参照ください。

SW-CMM® Software Capability Maturity Model®- ソフトウェア能力成熟度モデル

SW-CMM®は、組織のソフトウェアプロセスの成熟度を判定し、プロセスの成熟度を向上させるのに必要となる重要なプラクティスを特定するためのモデルです。

ソフトウェアの専門家が使用する、プロセスのモデルや、定義の作成、成熟度の測定に対する有効な手段を提供します。


サイドメニュー

サイドメニュー

PPA Register

CMMI, ISO33kリポジトリ

画面下の"Language"で日本語表示