第14回組込みシステム開発技術展に出展

□ 会期 : 2011年5月11日(水)〜13日(金) 10:00〜18:00
                           ※最終日は 17:00終了
□ 会場 : 東京ビッグサイト 西展示棟 西6-13
□ 主催 : リード エグジビション ジャパン株式会社

激動する時代の中にあって、企業が常に、顧客や社会からの要求・要望にお応えし、利益を出し続けるには、自社のやり方だけでなく、標準的かつ有効な「活動の仕組み」が必要です。特に近年の複雑化するソフトウェア開発においては、今後更に、CMMIやISO等の世界標準モデルをベースとした活動が必要とされるでしょう。こうした背景を基に、コンピータジャパンは株式会社岡野アイエスコンサルティングとともに今年のESECに共同出展することに致しました。
コンピータジャパンがご提供しているCMMIやISO15504等のベストプラクティスモデルの研修、アセスメント、リードアセッサー認定とともに、岡野アイエスコンサルティングがご提供する標準モデルベースのコンサルティングサービスやリーダー育成教育、PMO,SQA要員等の常駐支援サービスなど通じて、皆様の業務効率の抜本的な改善・改革に幅広くご支援をさせて頂くことが可能です。当日は当ブースにどうぞご期待下さい。


変化するビジネス環境への対応

品質はもとより安全性への関心の高まり、より素早く、効率的にニーズを満たす必要性、それに対応するにはプロセスマネジメントは欠かせません。

- CMMI v1.3, ISO15504・AutomotiveSPICE、アジャイルの活用

- ISO26262への対応

- 効果的なプロセスマネジメントの実現

ESEC招待券申し込み ESEC事前アポイントメント









サイドメニュー

サイドメニュー

Compita

PPAレジストレーション

CMMI, ISO15504リポジトリ

画面下の"Language"で日本語表示

コンピータの沿革
コンピータは、品質改善の専門家集団として1991年に英国で設立されました。プロセス能力評価手法や改善手法の開発、SW-CMM®、CMMI®をはじめとする各種ベストプラクティスモデルへの取り組みを進め、SPICE (ISO/IEC 15504)プロジェクトでは、英国国防総省、米国SEIとともに標準化のリーダシップをとりました。
それらを通じて培われたPPAアセスメント手法は、ISO/IEC 15504およびSEIのARCに完全に準拠した世界的な手法です。
コンピータは、ベストプラクティスモデルの研修、資格認定、アセスメント、コンサルティングを通じて、皆様の持続可能で真に効果的なプロセスの改善をご支援いたします。