Automotive SPICEとHIS

Automotive SPICEは、高まる安全性への要求に対応するために、ISO/IEC TR 15504 第5部とともに始まりました。2006年に正式版とも言えるISO/IEC 15504の第5部発行に伴って見直しされ、本格的な使用が開始されました。

ISO/IEC15504は、2015年3月にISO/IEC 33000シリーズに改定され、Automotive SPICEは、並行して2015年7月にv3.0が発行されました。Automotive SPICE v3.0は、ISO/IEC 33004、ISO/IEC 33020に準拠するように作られています。 今後、1年程度の移行期間を経て、最新版による運用が始まる予定です。

以下の資料は、2006年に開催した特別セミナーから抜粋したもので、Automotive SPICEの基本的な内容をご理解いただくために、Automotive SPICEの背景、開発の経緯、モデルとアセスメントの利用について述べています。
v3.0の概要については、こちらをご参照ください。

概要

Automotive SPICEとHIS

解説: ISO/IEC 15504」もご覧ください。



【動向】
Automotive SPICEの動向 2014
Automotive SPICE v3.0 -VDA Automotive SYS 会議 2015より
VDA Automotive SYS 会議 2017より



サイドメニュー

サイドメニュー

PPA Register

CMMI, ISO33kリポジトリ

画面下の"Language"で日本語表示